第3回クリスタルまつりのお知らせ

 

 

こんにちは!きょうこですニコッ

 

眩いばかりに光り輝く、美しい新緑の季節がやってまいりました新緑

 

みなさま、新年度・新学期、いかがお過ごしでしょうか?

 

今日は、関東在住のクリスタルチルドレン親子のイベント

「第3回クリスタルまつり」のご案内をさせていただきます。

 

***

 

第3回クリスタルまつり

「ようこそ!愛の星の森へ♪〜ワクワクのいのちを輝かせよう〜」

 

◎日時:4月29日(日)午後1時スタート〜4時終了


◎会場:都内会場

 

*ご案内とお申し込みは、下記Webをご覧ください。

http://crystalp-east.jp/cryma/2018/429/menu.html

 

今年のテーマは、

「ようこそ!愛の星の森へ♪〜ワクワクのいのちを輝かせよう〜

です。

 

「愛の星の森」を観て、感じて、みんなでいっしょに、

思いっきり、いのちを輝かせてみませんか?

 

子どもも大人も一緒に楽しんでいただけるプログラムを
クリスタルチルドレンたちとご用意しています。


みなさまのご来場を心からお待ちしています♪

 


にじ<<主なプログラムのご紹介>>にじ


<愛の星の森へ出かけよう>
子供たちによる劇やゲームなど♪

 

<愛の星の森のハートセッション>
自然をテーマにした工作やアートを
いっしょにつくりましょう〜♪

 

<愛の星の森のピクニック>
みんなが大好きなおやつを
みんなで仲良く食べましょう♪

 

<愛の星の森の音楽会>
みんなでいっしょにうたおう♪

  

 

みんなでわくわく準備をすすめています♪


みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

 

クリスタルまつり実行員会一同クローバー

 

***

 

こちらのブログ「クリスタル・プロジェクト」

からも、ご覧いただけます虹

 

わたしたち親子も参加いたしますニコッ

 

みなさまのご来場を心よりお待ちしていますハート

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございますハート

 

 

JUGEMテーマ:スピリチュアル/アセンション

JUGEMテーマ:いのち輝く

「ありがとう」っていってみよう♪

ありがとうの花 by てるみ

 

 

《ありがとうっていってみよう♪》

 

「ありがとう」っていったら

自分もみんなもワクワクすっきりするよ!

 

「ありがとう」って言葉でいえなくても

心の中でいっていれば、

 

ワクワクでいっていけば、

 

きっと心の中だけじゃなく、

言葉に気持ちがこもった「ありがとう」で

 

心の気持ち「愛」がつたわるよ!

 

そして、

もっと自然に「ありがとう」って

いっていけるよ。

 

ほんとうの自分の気持ちがつたわって

まわりがあたたかくなってくるよ。

 

そんな自分になってみたら

自分の「ありがとう」っていう心の気持ちが

つたわるよ。

 

いつかではなく、

今やったら、

世界がもっとワクワクハッピーになるんじゃないかな〜

と思います。

 

そして私も

もっと身近に「ありがとう」っていっていきます。

 

いつも

どんな人にでも

心のこもった「ありがとう」をしていこうね!

 

てるみ

 

***

 

こんにちは!きょうこです。

 

「ありがとう」と言う時、

「いのち」の中心から外側に「ぱぁ〜」っと

エネルギーが放射されていくのを感じます。

 

エネルギーの向きは、

自分に向いている「内向き」と

自分の外の世界に向いている「外向き」が

あります。

 

自分の中心が太陽となって

「ぱぁ〜」っと光り輝いている時、

「いのち」が輝いているのを感じます。

 

「ありがとう」は

「太陽」の言霊だな、と感じます。

 

思考とマインドがぐるぐるして

もやもやする時、

「ありがとう!」「ありがとう!」「ありがとう!」と

目の前の相手、周りに心の中で言っていると

中心が開いてきてもやが晴れ渡り、

「こころ」で生きている自分になるのを感じます。

 

すぐに、誰にでも出来る、まほうの言霊

「ありがとう!」

で「いのち」輝かせてまいりましょう〜!

 

最後までお読みくださり、ありがとうございますハート

 

 

JUGEMテーマ:いのち輝く

八紘一宇

Art by てるみ

 

 

みなさま、こんにちは!

 

前回の「建国の詔(みことのり)」の記事では、

「私たち住まう日本の国がどのような心で造られたのか?」について

見ていきました。

 

今回は、「八紘一宇」について、深めていきたいと思います。

 

「八紘一宇」

 

日本書紀に記された原文は

「八紘(あめした)が掩ひて宇(いえ)とせむこと亦可からずや」

 

「天が覆う一つの家のような温かな結びつきを実現していこう」

という意味です。

 

私たちの住まう日本は、四方を海で囲まれた島国です。

 

日本列島は龍の形にも見えます。

 

日本列島は「龍体」とも言われています。

 

「建国記念の日」に書きました神々たちの「国造り」にある

国常立尊(くにのとこたちのみこと)が龍のお姿をしていたため、

その顕れとして、日本列島が龍の形となったと伝える説があります。

 

ここで、視野を広げて、日本という国を「一つの家」と考えるならば、

そこに住まう日本人は「同じ家に住む家族」と言えます。

 

また、ご先祖様をさかのぼっていくと「祖神様」に辿り着きます。

 

日本人の「いのち」の源は、「祖神様」であり、

日本人はみな、「祖神様」から生まれた「子ども」と言えます。

 

実際に血のつながった親族だけでなく、お隣さんも、クラスメイトも、

会社の同僚も、先輩も先生も「祖神様」から生まれた兄弟姉妹と言えます。

 

日本という「大きな一つの家」に住まう大家族である日本人である私たち。

 

家族だから、あたたかな心で、穏やかな心で、

日々、互いに助け合って、支え合って、お互いを感じながら、

感謝と真心をもって、仲良く平和に暮らしていこう!

 

それが、日本と日本人に刻まれ、託された

「八紘一宇」の願いであると感じます。

 

「自分」という「個」の視点から、

「日本列島」という国土に視野を広げてみると、

北は北海道、南は沖縄まで、自然豊かな国土、

そこに住まうみなさまの日々の営みなど、

いのちの中心で感じるものがあります。

 

しばし、自分の住まう「日本」に想いを馳せたいと思います。

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございますニコッ

 

 

JUGEMテーマ:スピリチュアル/アセンション

JUGEMテーマ:いのち輝く

 

建国の詔(みことのり)

 

みなさま、こんにちは!

 

前回、「建国記念の日」について書かせていただきました。

 

今日は、「私たちの住まう日本がどのような心で建国されたのか?」を

「神武天皇建国の詔(みことのり)」から見ていきたいと思います。

 

「日本書紀」の「神武天皇即位前記」に

神武天皇が大和の橿原宮で即位されるにあたり

つぎのように詔されたとあります。

 

上は乾霊(あまつかみ・くにつかみ)の国を授けたまひし徳に応え、

下は皇孫の正を養ひたまひし心を弘めむ。

 

然してのちに、六合(くに)を兼ねて都を開き、

八紘(あめのした)を掩ひて宇(いえ)とせむこと、

亦可からずや。

 

 

「子どもたちに伝えたい日本の建国」によりますと、

 

「私が志を立てて日向を出発してから6年が過ぎた。

辺境の地はまだ平定さっれてはいないけれども、

中央の大和国は穏やかに治まっている。

 

そこで、国民のため、いよいよ都造りに取りかかろうと思う。

 

まず、この国を授けてくださった神々の徳にこたえ、

先祖が育まれた正しい心を広めていこう。

 

その後で、四方の国々を束ねて都を造り、

一つの家族のように仲良く暮らしていける国にしようではないか。」

 

こう宣言された後、神武天皇は第一代の天皇の位につかれました。

 

 

原文にある

「八紘(あめした)が掩ひて宇(いえ)とせむこと亦可からずや」

とは、

「天が覆う一つの家のような温かな結びつきを実現していこう」

という意味で、「八紘一宇」の語源です。

 

 

「正しい心」とは、なんでしょう?

 

日本人の道徳心・精神のことですが、心の中心で感じてみますと

「人だけでなく、日本に生きるすべての生命(いのち)て、

天上の神々、八百万の神々の顕れである

太陽、雨、風、土、水などの神羅万象すべてと

みんながひとつの家族として、つながり、お互いを思いやり、助け合い、

調和し、平和に、仲良く暮らしてこと」

と感じます。

 

***

 

即位から4年目の春、神武天皇は

「私たちの先祖である天照大神が天から私の国造りを助けてくださった。

その御影(みかげ)でいまや日本は穏やかに治まっている。

そこで感謝の祭りを行うことにしよう。」

と鳥見山(とみやま)に登られて、天照大神への感謝の祭りをされました。

 

神武天皇以来、代々の天皇様は、御先祖であられる天照大神に対して

「国が豊かで平和でありますように。国民が幸せでありますように」

という祭りを続けてこられ、

125代目にあたられる今上陛下もなさっています。

 

※出典元:新田均監修「子どもたちに伝えたい日本の建国」

 

***

 

「和をもって尊しとなす」

 

私たち日本人は調和を大切にしてまいりました。

 

「建国の心」が天皇家によって今日まで受け継がれ、

御先祖さまから受け継いだ私たちの「いのち」にも

確実に刻まれているのを感じます。

 

 

「一つの家族のように仲良く暮らしていける国を造ろう!」

 

このような想いで建国された日本に日本人として生まれ、

生かして頂いていることは、本当に素晴らしいことです。

 

「建国の詔」を今、再び「いのち」に刻み、

「正しい心」を感じてまいりたいと思います。

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございますニコッ

 

 

 

JUGEMテーマ:スピリチュアル/アセンション

JUGEMテーマ:いのち輝く

2月11日「建国記念の日」

 

みなさま、こんにちは!

 

本日2月11日は「建国記念の日」、日本の国の誕生を祝う日です。

 

私たちの「いのち」が今ここにあるのは、日本という国が今日まであるからですね!

 

そこで、「なぜ、2月11日が『日本の国の誕生日』なのか」について、

奈良時代に編集された我が国最古の歴史書の一つ「日本書紀」の記録に沿って

紐解いてまいりたいと思います。

 

なお、7世紀後半、天武天皇の命により編集された二大歴史書「古事記」「日本書紀」を

合わせて「記紀」と称しますが、

ここでは、国史としての特色が濃い「日本書紀」から見ていきます。

 

話は神々たちによる「国生み」の物語まで遡ります。

 

***

 

大昔、神々たちが住まう高天原(天上の世界)に国常立尊(くにのとこたちのみこと)が

お生まれになりました。

 

やがて男の神様・伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、女の神様・伊弉冉の尊(いざなみのみこと)がお生まれになりました。

 

二神が天浮橋(あめのうきはし)に立って、天の瓊矛(ぬぼこ)を持って海水をかき回すと

矛の先から滴り落ちた塩が固まって、おのころ島となりました。

 

二神はこの島に天降り、

本州・四国・九州などの大八州国(おおやしまぐに=日本)を生み、

天照大神(あまてらすおおかみ)、月読尊(つくよみのみこと)、素盞鳴尊(すさのおのみこと)

を生み、それぞれ、高天原、夜の世界、海原を治めることを命じました。

 

そして、天照大神の孫にあたる瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が、

地上の世界を治めるため、日向の高千穂に天降り、

一生懸命にこの地を治めた結果、日向の国は豊かで平和になりました。

 

しかし、まだ東の方は争いごとが絶えず、まとまりのない状態だと聞いた

子孫の神日本磐余彦尊(かんやまといわれひこのみこと)は、

兄である五瀬命(いつせのみこと)たちに、

 

「大八島(日本)の中心である大和に行って、都を造ることが大切ではないでしょうか。」

と言われ、五瀬命たちも賛成して、大和を目指して日向の国を旅立たれました。

 

長い年月、海を越え、山を越え、想像を超える数々の苦難を乗り越えて、

ついに、大和の地に理想の都をつくる日がやってきました。

 

そして、大和の橿原(かしはら)で第一代(初代)の天皇、神武天皇となられました。

 

***

 

神武天皇の即位日を現在の暦(新暦)にしたところ、紀元前660年2月11日となり、

明治6年、政府は2月11日を日本の誕生を祝う「紀元節」と名付け、

「建国記念の日」と定めました。

 

神武天皇の国造りにより、各地で争いが絶えず、不安定であった日本列島が、

稲作を中心として安定した生活を営めるようになりました。

 

また、日本はこの時代からずっと、天皇を国の中心にして続いてきました。

 

建国以来、同じ王様の家が現在まで続いているのは

世界で、日本だけです。

 

4月30日の退位が発表された今の天皇陛下は、

神武天皇から数えて125代目にあたられます。

 

以前の記事「八百万の神々〜お彼岸によせて〜」に書かせていただきましたが、

私たちの先祖を辿っていくと、いのちの源である「祖神(おやがみ)」に辿り着きます。

 

初代天皇・神武天皇となられた神日本磐余彦尊(かんやまといわれひこのみこと)も、

私たちのご先祖様だと考えてみると、

私たちの「いのち」には、日本の建国の記憶が刻まれているのだと感じます太陽

 

 

次回は、「日本の国がどのような想いで造られたのか」を

神武天皇の「建国の詔」から見ていきたいと思います。

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございますニコッ

 

 

※出典元:新田均監修「子供たちに伝えたい日本の建国」

 

 

JUGEMテーマ:いのち輝く

地球さんをあたためよう♪

 

 

こんにちは!あきら&てるみです。

 

冬が来て、雪がふりました。

 

そのとき、空気がとうめいになって、美しかったです。

 

でも、毎日さむいです。

 

地球さんが冷えているので、みんなであたためましょう!!!

 

みんながいつも元気いっぱいで、ニコニコでいれば・・・・・・!!!

 

世界にあたたかい春が来るよ!!!!

 

そして、地球さんも元気で明るい春をむかえることができます!!!

 

雪 雪 雪

 

 

みなさま、こんにちは!きょうこです。

 

22日は東京も雪が積もりましたね!

 

みなさま、通学通勤など大丈夫でしたでしょうか?^^

 

 

私は雪が降っている時のなんとも言えない静けさと

 

雪が降った翌日の真っ白な神聖な世界と透明な空気が

 

大好きですハート

 

 

寒波の影響で記録的な寒さが続いておりますが

 

こんな時こそ体を動かして、全身の血を巡らせて、自家発電して!!

 

太陽のように元気いっぱい、いのち輝かせてまいりましょう〜〜〜晴れ

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございますハート

 

 

JUGEMテーマ:クリスタルチルドレン

JUGEMテーマ:いのち輝く

2018年1月の新月にて

 

みなさま、こんにちは!

新年のご挨拶がすっかり遅くなってしまいました汗

 

2018年もどうぞよろしくお願いいたしますニコッ

 

さて、1月17日11時18分に山羊座で新月に入ったそうです。

 

48時間以内に願い事をすると願いが叶いやすくなるということで

「新月の願い事」を実践している方もいらっしゃるかもしれませんね!

 

2018年も早いもので3週間経ちました。

 

松の内も明け、目標に向かって本格始動するのにちょうど良い頃ですね♪

 

ぜひ、この新月のタイミングで

「2018年に自分が本当に心から願うこと、実現したいこと」を心の中心で

じっくり感じてみるのはいかがでしょう?♪

 

 

私も「これは、今ここに生かされているわたしの「いのち」の願いそのものだ!!!」

と感じるくらい、ワクワクじっくり感じてみました。

 

感じたことは、「いのちを輝かせて生きる!!!」でした。

 

 

…すると、心の中心から質問が来ました電球

 

Q)では、どのように、いのちを輝かせたいの?

 

私)太陽みたいなピッカピカの笑顔の元気な母ちゃんで居続ける!!!

 

 

「いつも元気だね〜!一緒にいるとなんか元気になるわ〜!」

なんて言っていただけるよう、

一瞬一瞬、目の前の、今出来ることを全開でやっていきます太陽

 

 

今ここから!!!

2018年をいのち新たにスタートさせてまいりましょうき

 

いのちをピッカピカに輝かせてまいりましょうきき

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございますハート

 

 

JUGEMテーマ:いのち輝く

 

2017年ありがとうございます!!!

いのち byてるみ

 

 

みなさま、こんにちは!きょうこですニコッ

 

大変長らくご無沙汰しておりました。

 

早いもので2017年も大みそかを迎えました。

 

みなさま、2017年はどんな一年でしたでしょうか?

 

わたしたち親子にとって、「い・の・ち」のブログを始め、

このようにみなさまにお読みいただけましたことは、

とても大きな創造の始まりの年となりました!

 

これまでお読みくださいましたことに心より感謝申し上げますハート

 

2018年はより深く、

「私たちはどこから来て、何のために、今ここに生かされているのか?」

いのちの本質、目的、意味を自らの体験をもとに

発信してまいりたいと思います。

 

引き続き、2018年もどうぞよろしくお願い申し上げますハート

 

みなさま

どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ

 

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございますヤッタv

 

 

JUGEMテーマ:いのち輝く

 

クリスタル・プロジェクトのご紹介

art  by てるみ

 

こんにちは!きょうこですちゅん

 

今日から11月ですね!

 

いつの間にか葉を黄色に染めた通りのイチョウの木々がお日さまの光を浴びて

葉を黄金色に輝かせていて、しばし時間を忘れ、うっとりと眺めておりましたいちょう

 

今年は紅葉がとても美しいそうですもみじ

自然が織りなす美しい秋を全身で味わってまいりましょう♪

 

今日は、関東在住のクリスタルチルドレン親子が綴るブログ「クリスタル・プロジェクト」

をご紹介させていただきますニコッ

 

・クリスタルチルドレンについて

・未来の地球

・おすすめの映画・本

・イベントのご案内

 

などを日々の親子の会話やクリスタルチルドレンのアートとともに発信しております虹

 

私たち親子も参加していますきらきら

 

クリスタルチルドレンの純粋な想い、願い、観ている未来の地球について

感じていただき、想いを馳せていただけましたら嬉しいですハート

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございますハート

 

 

 

こころのカーテンをあけてみよう!

 

こんにちは!てるみですニコッ

 

こころのカーテンをあけると

そこに、じぶんが「いちばんだいじ」にしていたものが出てきて

しあわせになりましたきらきら

 

しあわせのゆめの国にいるかんじがしていますき

 

 

こんにちは!きょうこです。

 

心の奥の奥の奥に大切に仕舞ってある何か…。

 

あまりに大事過ぎて、頑丈にカギをかけて、大切に大切にしてきたけれど

長い間、仕舞っていたので、仕舞ったことすら忘れていたかもしれない何か…。

 

感動した時、わくわくした時、うるうるした時、

心の奥が震えた瞬間、ありませんか?ちゅん

 

心の琴線に触れた瞬間、ありませんか?

 

こころのカーテンを開くと、そこには、何があるのでしょう?ヤッタv

 

<清らかなこころ 美しいこころ 明るいこころ>

があると私は感じますニコッ

 

日本では古来より神道において、

「清らかで、明るい心」を「まごころ」「まことのこころ」として大事にし、

人々はつねに心身を祓い清めて、「まことのこころ」であろうと努めてまいりました。

 

 

こころのカーテンをあけてみよう!

そこには、本来の、本当の、澄み切った美しいこころがあるよ!

そこにふれたとき、しあわせを感じるよ!

 

そして、そのこころで感じてみよう!

もっともっとしあわせを感じるよ!

 

そのように伝えてくれているように感じましたハート

 

 

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございますハート

 

 

 

JUGEMテーマ:クリスタルチルドレン

JUGEMテーマ:いのち輝く